福井 パチンコ イベント

んあ~、いよいよこの日がやってきたのね~ん、競馬大好き・ウマツなのね~ん。

ということで今回は、個人的にもの凄く楽しみにしていた 『みどりのマキバオー 届け!!日本一のゴールへ!』 の試打にオリンピアさんへ行ってきたのね~ん!


makibao-20140616-uma1.jpg.JPG

・・・おっと、アップにしすぎた。

makibao-20140616-uma2.jpg.JPG

新作の筐体がこちらなんですが、最大の特徴が右上にある”勝負ボタン”(正式名称はちょっとわかりませんが)です。

makibao-20140616-uma3.jpg.JPG

“勝負”と書いてあるとおり、勝負どころで押すボタンで、押すだけでも激アツ、押すタイミングで飛び出せば超激アツという重要なボタンとなっております。

ボーナス確定なのかハズレなのかといったところで飛び出せば確定っぽいですし、上乗せ特化ゾーンの最中にで飛び出せば・・・

makibao-20140616-uma4.jpg.JPG

「ワーォ!!」と言いたくなるようなゲーム数が乗ったりもします。


そして、もうひとつの見どころが、液晶の左右から飛び出す黄金の”マキバオーシャッター”。

makibao-20140616-uma5.jpg.JPG

もちろん、閉まった時には嬉しい出来事が待っているシャッターですから、ガシャコンガシャコンと閉めていきたいところですね!

台の見どころをお伝えしたところで、いよいよ実戦に突入していきたいと思います。

北斗 セリフ スロット

まず通常時は、主にレア役で増えていく”調子メーター”を増やしていき、メーターMAXになることで突入するチャンスゾーン “チャレンジカップ” への出走を目指します。

makibao-20140616-uma6.jpg.JPG

チャレンジカップはGⅠ・GⅡ・GⅢとあり、GⅠの勝利期待度が一番高くなっております。

マキバオーほどの実力があればGⅢぐらいは圧勝しそうなものですが、大舞台になった方がより燃えて力を発揮するのがマキバオーですからね!

ちなみに、実戦終了後に聞いたところ、自分は”オンラインカジノぶろぐ1″を打っていたようでした。

言われてみれば、調子メーターの増え具合が、隣で”オンラインカジノぶろぐ6″を打っていたティナ君より鈍かったような・・・。

レア役での増え具合にオンラインカジノぶろぐ差はないのかもしれませんが、通常ベルでの抽選や、より増えやすいモードへの移行率に差があるのかもしれません!


そんな状況でしたが、運よく大きすぎるハマりはなく、それなりにボーナスへも突入します。

makibao-20140616-uma7.jpg.JPG

すでにご存じの方も多いと思いますが、今作はこの”ボーナス”が大きな攻略ポイント。

ボーナスについては発表会の記事をチェック

全18種類のボーナスの中から戦略を考えて選択する仕様となっており、この選択がその後の展開を大きく左右します。

簡単に言ってしまえば、ボーナスでの獲得枚数期待度が高いほどARTに入りづらく、低いほどARTに入りやすい。

もしくは、ARTへの突入期待度が低いほど突入時の継続率が高い、高いほど突入時の継続率が低いといった具合です。

ボーナスを重視するのか、ARTに突入させてそこからが本当の勝負なのか、個々の好みが出る部分だと思います!

ART「マスタングラッシュ」

ボーナス中の抽選で突入の有無が決まる “マスタングラッシュ” は、純増1G=約2.0枚のARTとなっており、継続率管理によるループ、ゲーム数上乗せも搭載されています。

makibao-20140616-uma8.jpg.JPG

マスタングラッシュ中にも”調子メーター”があり、メーターMAXで通常時と同様に”チャレンジカップ”へ突入します。

チャレンジカップの仕様は通常時と同じですが、通常時は勝利するとボーナスが確定するのに対し、ART中は上乗せ特化ゾーンへ突入します。

makibao-20140616-uma9.jpg.JPG

主に突入する “GI RUSH” は、1セット6Gで、1回あたりの上乗せゲーム数は10~200G、レースに勝ち続ける限り、どこまでも継続する仕様。

1セットで終了してしまうこともありますが、言ってしまえば”青天井”ですから、大量ゲーム数の獲得も可能です。

makibao-20140616-uma10.jpg.JPG

ちなみに、この日はGI RUSHに7回突入し、最高は160ゲームの上乗せでした。

上乗せ特化ゾーンは他にも、ゲーム数直乗せ時の一部で発生する “ムチ連打チャンス” 、マスタング図柄揃いの次ゲームで突入する可能性がある “連勝RUSH” があります。

この2つは、半日打って突入させることができなかったので、いわゆる”プレミア”なんでしょうか?

そうなると、破壊力にも期待できそうですから、ホールに導入されたら体感したいものですね!

まとめ

“オンラインカジノぶろぐ1″を打っていた割に初当りに重みを感じることはありませんでしたから、オンラインカジノぶろぐ不問で勝つチャンスがあると言っていいのではないでしょうか。

もちろん、隣のティナ君を見ていると、高オンラインカジノぶろぐほどチャンスが多く、見せ場も多かったのは言うまでもありませんが。

導入は来月ですが、カギとなりそうなボーナスをどう攻略するか考え、今から楽しみにしながらその日を待ちたいと思います!


では最後に、読者?からの質問にお答えします。

Q.そういえばマキバオーって人間と同じくらいの大きさだけど、このサイズでも現実のレースに出れるのかな。そこんトコどうなの?ウマツしゃん。(投稿者・ティナ君さん)

A.馬具をつけて騎手を乗せることができれば可能ですが、馬体重120キロほどの馬が、57キロの人間を乗せて走るのは難しいと思います。

ちなみに現実の世界での出走記録は、最低馬体重が”320キロ”、逆に最高馬体重は”638キロ”です!


『みどりのマキバオー 届け!!日本一のゴールへ!!』の導入日は

7月22日(火)!


実戦詳細データはこちら

(C)つの丸・スタジオ将軍/集英社・ぴえろ (C)OLYMPIA

システム 天井 と は

吉宗 天井 期待 値

m88 カジノ